第5世代移動通信システム(5G)の利用者が体感できる実効速度は、現行の4G(LTE)の100倍に当たる毎秒数百メガ~数ギガビット。携帯最大手のNTTドコモはそう想定する。通信条件の良いピーク時の実効速度は、サービス開始当初は毎秒数ギガビットにとどまるが、その後毎秒10ギガビット以上へと段階的に速まりそうだ。

図●現行の4G(LTE)と5Gの仕様や用途の違い
[画像のクリックで拡大表示]

 毎秒10ギガビットを実現できると、1つの基地局に接続した数百人のユーザーが同時に4K映像を快適に視聴できる。基地局をうまく配備すれば、五輪会場やコンサート会場など利用者が密集する環境でも通信しやすくなる。

 なお国際電気通信連合(ITU)の技術性能要件では、5Gの最高伝送速度を下り毎秒20ギガビット/上り毎秒10ギガビットとしている。

 強みはスピードだけではない。IoT(インターネット・オブ・シングズ)向けに多数のセンサーを同時接続しやすくもなる。同時接続端末数は4Gの100倍となる1平方キロメートルのエリア当たり最大100万台を目指す。縦横各1m間隔でセンサーや端末をびっしり並べても5Gの標準的な基地局で通信をほぼカバーできる計算だ。

 「高速」と「多数同時接続」を両立するには、基地局と基幹回線をつなぐ「バックホール」回線の大容量化も必要だ。通信業界では2020年代の通信トラフィックは2010年に比べ1000倍以上に達すると予測されている。このため、5Gの通信容量は4Gの1000倍を目指す。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。