上場企業3626社がインターネットで行っている株主・投資家向け広報のWebサイトを評価した「Gomez IRサイトランキング 2018」によると、総合得点1位はコニカミノルタとなった。

 ランキングはデザインや情報検索機能といった「Webサイトの使いやすさ」など4つのカテゴリで評価。コニカミノルタは使いやすさに加え、「財務・決算情報の充実度」、利用者に合わせた情報やWeb技術の活用など「情報開示の積極性・先進性」で最高点だった。

*2018年11月1日までの各社サイトの情報をもとに評価
(出所:モーニングスター「Gomez IRサイトランキング」を基に日経コンピュータ作成、2018年12月14日)
[画像のクリックで拡大表示]