ユーエイ(本社東大阪市)は2019年6月1日、工場や物流倉庫など向けのHVLS(High Volume Low Speed)シーリングファン「ユーエイファン(YUEI Fans)」を発売する(図1、2)。1台で約1500m2をカバーし、屋内環境の改善や省エネルギーを図れる。

図1:「ユーエイファン」
(出所:ユーエイ)
[画像のクリックで拡大表示]
図2:設置例
(出所:ユーエイ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品は、直径が最大で7.3mの6枚の羽根を回転させて空間全体に気流を生み出す。夏季は回転速度を高めてエアコンの冷気を空間全体に循環させ、体感温度を下げる。冬季は回転速度を落として空間上部に溜まりやすい暖気を対流させて室温のムラを抑える。

 羽根にアルミニウム合金を用いて軽量化するとともに、形状を工夫して空気抵抗を抑えたため、小さい電力でも大きな風量を得られるという(図3)。同社の試算では、同じ面積をカバーするのに必要な工業用扇風機と比べた場合、新製品は1年間の電気代を約80%削減できるとしている。

図3:羽根の形状
(出所:ユーエイ)
[画像のクリックで拡大表示]