日東精工は、直径0.6~1mmと小さな部品の外観検査が可能な検査・選別装置「ミストル(MISTOL) Fタイプ」を2019年6月3日に発売する(ニュースリリース)。ねじなどの極小部品を素早く正確に検査できるという。価格は1290万円から。

図:微小部品用の検査・選別装置「ミストル(MISTOL) Fタイプ」
(出所:日東精工)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品は、傷や打痕の有無、色といった外観を検査する他、寸法検査や異種混入検査にも使える。標準で35万画像のモノクロカメラを搭載。検査内容によってカラーカメラや高解像度カメラにも交換できる。検査速度は、部品の形状や大きさにより約100~500個/minとする。

 検査部のディスク上に部品を広げ、ディスクを回転させて検査する。ディスクには硬質ガラスを採用しており、上面と下面から光を当てて同時に部品を検査できる。検査部には最大で3カ所、検査ステーションの設置が可能だ。

 検査の結果「NG」と判定した部品を排出する機能を装備する。従来製品の排出部の設計を見直し、極小部品でも確実にNG部品のみを排出できるようにした。その他、OK/NG/合計の計数機能や異常警告機能、指定した数量を検査し終えると自動で停止する機能などを備える。最大32品種に対応する。

 外形寸法(幅×奥行き×高さ)は、検査部が700×650×528mm、操作部が310×150×210mm、制御部が600×300×600mm。検査部を小型化したため、卓上に設置できる。