ルネサス エレクトロニクスは、モーター制御向けマイコンの新製品「RX72Tグループ」を発売した(ニュースリリース)。演算性能は1160CoreMarkで、同社によれば5V動作マイコンとしては最高レベルの性能を達成したとする。

新製品が狙う応用先である産業用ロボットと新製品のパッケージ。ルネサスのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUは、同社オリジナルの32ビットCISCコア「RXコア」の第3世代版である「RXv3」。新製品はRXv3を集積した第2弾製品に当たる。第1弾製品は、2018年11月に発売のモーター制御向けマイコン「RX66Tグループ」である(関連記事)。新製品のRX72Tはその上位製品に当たり、同社のモーター制御向けRXマイコンとしてはハイエンド製品になる。

モーター制御用RXマイコンの軌跡。ルネサスの図
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。