企業でも導入が進む無線LAN。配線の必要がなく便利だが、目に見えないのが難点。だが、Wifi Analyzerのようなアプリを利用すれば、周辺の電波状況を簡単に見える化できる。

 米farprocが開発したWifi AnalyzerはAndroidのみに対応。無料で利用できる。

 無線LANのAPを選択すると、そのAPからの電波の強さをシグナルメーターとして表示する。Wifi Analyzerを動かしているスマホが接続していないAPの電波も調査できる。

無線LANの電波状況をグラフで表示
[画像のクリックで拡大表示]

 意外に便利なのは、電波の強さの変化を音でも知らせることだ。例えば、電波が弱いとピッ、ピッという音の間隔が長くなり、強いとより短くなる。画面を見ていなくても、音である程度把握できるので、部屋の中を歩きながら調査する場合などに便利だ。

 無線LANのチャネルごとにAPからの電波強度をグラフ化する「チャネルグラフ」表示では、空いているチャネルが一目でわかる。スマホが受信しているすべてのAPの電波を時系列でグラフ化する「時間グラフ」表示も可能だ。それぞれのAPの電波ごとに色分けして判別しやすく表示している。

 チャネルを格付けする「チャネルレーティング」という画面も用意している。ここでは、チャネルの空き状況を星マークの数で示している。

 Wifi AnalyzerでユニークなのはToolsというメニューの中にある「LAN neighbors」機能だ。同じAPに接続している機器を調べ、物理的に近くにあると推測される機器のIPアドレスとMACアドレスを表示する。Raspberry Piなど表示装置のないヘッドレス型IoT端末のIPアドレスなどを調べたい場合に便利だ。

ヒートマップを簡単に作成

 無線LANのAPからの電波の強さを、「ヒートマップ」として見える化するアプリがWi-Fiミレルだ。APメーカーであるアイ・オー・データ機器が提供しているツールだが、どのメーカーの製品を使っている場合でも使用できる。AndroidとiOSに対応し、無料で利用できる。

 ヒートマップを作るには、まず部屋の間取り図や地図をスマホで撮影して、その画像をアプリで取り込む。その後、その画像上で自分が今いる位置をタップすると、その時点での電波強度が記録される。

無線LANの電波強度をヒートマップとして表示
[画像のクリックで拡大表示]

 Wi-Fiミレルでは、電波強度の計測結果を0(切断)~約90(最強)という独自の数値で表現する。電波強度に合わせて、表示される色が変わる。電波が強いと緑、弱くなると黄色、さらに弱くなると赤に変化する。

 そうして地図上の何点かについて電波強度を計測していくと、最終的に計測結果をヒートマップとして表示する。地図や間取り図の上で電波強度が一目で把握できるので、部屋や敷地のどこにAPを設置すれば効率良く電波を使用できるかがわかる。

 Android版では、Wifi Analyzerと同様に無線LANのチャネルごとの電波強度や混雑具合に関するグラフも表示可能だ。