ネットワーク管理の基本は、つながっている機器の状態を把握することだ。そのために便利なスマホアプリが「Fing」である。

 Fingは無料。AndroidとiOSに対応している。米Domotzが開発した。

 Fingを起動すると、無線LANでネットワークに接続。同じネットワーク(サブネット)につながっている機器を検索し、一覧を表示する。

同じネットワークに接続している機器の一覧を表示
[画像のクリックで拡大表示]

 画面の最上部には、接続している無線LANアクセスポイント(AP)のSSIDとプロバイダー名を表示。その右側には、現在ネットワークに接続している機器の台数を表示する。

 その下には、接続している機器の、機器名(NetBIOS名)、メーカー名、IPアドレス、MACアドレスなどを表示する。

 このように、接続している機器の一覧が表示されるので、Fingを立ち上げてスキャンするだけで問題が発生している機器がすぐにわかる。例えば、いつもは表示されている機器が一覧に表示されなければ、何らかの不具合が発生していると考えられる。

 名前解決の機能もある。画面下の「ツール」をタップして画面を切り替える。この画面でホスト名を入力すると、該当するIPアドレスを調べて表示してくれる。

pingやtracerouteも実行

 一覧表示の画面で特定の機器をタップすると詳細表示の画面に切り替わる。この詳細画面から、その機器に対してpingやtracerouteといった、トラブル発生時の調査によく使うネットワークコマンドを実行できる。

pingやポートスキャンも可能
[画像のクリックで拡大表示]

 また、「サービスのスキャン」の項目を選ぶと、その機器に対してポートスキャンを実行する。どのポートが開いているのか、どのプロトコルが利用可能かなどを確認できる。

 Wake on LANのパケットも送信できる。このため、Wake on LANに対応していれば、サーバールームや遠隔地にある機器、あるいは天井など手が届きにくいところに設置してある機器の電源をリモートで簡単に入れられる。

 それぞれの機器に覚え書き(メモ)を追加できるのもFingのユニークな点だ。各機器の詳細画面に自由にメモを追加できる。

 例えば「作業机の手前から2番目のパソコン」や「鈴木さんの持ち込み機器」など、わかりやすい名前を付けられる。また、「動作が怪しいスイッチ」といった具合に、気がついたことをメモしておけば、トラブル時などに役立てられる。アイコンも自由に変えられるのでメモと併用すれば便利だろう。