システム運用の自動化を目指す「NoOps」が現実のものとなりつつある。クラウドやサーバーレス、自動化ツールの活用によって、障害からの自己修復も実現可能になった。

 ただしNoOpsは、導入すれば何でも解決してくれるいわゆる“銀の弾丸”ではない。「回復性設計」と「運用エンジニアリング」による継続的活動で手に入れることができるものだ。

 NoOpsとは何か、どう実現していくのかを解説する。