(写真:123RF)

 Javaは今、大きな変化にさらされている。米オラクル(Oracle)が提供するJava SEの有償化、JavaアプレットやJava Web Startの廃止、オラクルのJava EEからの撤退、そしてオラクルと米グーグル(Google)が争うJava APIの著作権訴訟──。

 これらの問題について詳しく解説するとともに、Javaユーザーがどのように立ち向かっていけばよいのかを探る。