アイ・ティ・アール(ITR)は2018年3月13日、国内のERP(統合基幹業務システム)ソフトの市場規模の推移と予測を発表した。2016年度の売上金額は809億円、前年度比9.3%増と堅調な伸びとなった。大企業を中心に基幹システムの再構築が進みつつあることが背景にある。2017年度もERPへの投資が順調に続いていることから、同11.7%増の好調な伸びを予測している。

図1●ERP市場の規模の推移と予測(提供形態別と、パッケージ運用形態別)
(出所:アイ・ティ・アール)
[画像のクリックで拡大表示]

 国内ERP市場を、パッケージとSaaSの提供形態別に分類すると、依然としてパッケージ市場が約8割のシェアを占めている。一方で、SaaS市場が急速に拡大しており、2016年度の売上金額は前年度比44.2%増の137億円となった。2021年度にはSaaS市場がERP市場の45%にまで達すると予測している。

 次に、パッケージ市場を運用形態別に比較してみると、パッケージをオンプレミスで運用することよりもIaaSで運用する企業が急速に拡大している。現時点ではAmazon Web Services(AWS)での運用が主流となっているが、Microsoft Azureや各ベンダーが独自に提供するIaaSでの運用も拡大傾向にある。

 今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:ERP市場2018」に詳細を掲載している。同レポートには、ERP市場を対象に、国内50ベンダーへの調査に基づいた2015~2016年度売上げ実績および2021年度までの売上げ予測を掲載している。

<プレスリリースへ>