IDC Japanは2018年2月26日、国内におけるITサービス市場の予測を発表した。国内ITサービス市場は2018年以降も緩やかな成長を継続し、2022年には5兆8593億円になる見通し。

図1●国内ITサービス市場の支出額の予測(2017年~2022年)
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年の国内ITサービス市場は、前年比成長率1.4%の5兆5389億円になったとみられる。2014年から2015年にかけて2年連続で3%を超えて成長したが、2016年に入ると金融機関や官公庁/地方自治体における大規模プロジェクトが終息に向かった影響により、成長率が鈍化した。2017年も大規模プロジェクト終息の影響は残り、1%台の成長率に留まった。

 2018年以降は、金融機関によるFinTech活用、組立製造業によるIoT導入などのデジタルトランスフォーメーションに関連するシステム投資が徐々に存在感を強めていき、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックによる支出拡大効果も見込まれる。

 しかしながら、2021年には反動減となり、また、国内経済の低成長見通しや、ITサービスの代替製品/サービスの拡大が、市場成長を阻害する。2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR)は1.1%で推移するという。

 今回の発表は、IDC Japanが発行したレポート『国内ITサービス市場 産業分野別予測、2018年~2022年』(JPJ42857118)で詳細を報告している。本レポートでは、国内ITサービス市場を12の市場セグメント、および、ユーザー企業の産業分野別(18産業)に分類し、2022年までの市場規模を予測している。

<プレスリリースへ>