NTT東西の光回線サービス「フレッツ光」でIPoE方式のIPv6サービスを利用すると、混雑する経路を通らずに済むため高速化が期待できる。ただ良いことばかりではない。ポートフォワーディングによるサーバー公開やVPNといった、ブロードバンドルーターの機能の一部が使えなくなるのだ。

 フレッツ光をPPPoE方式で利用するサービスでは、インターネット上でアクセス可能なIPv4のグローバルアドレスがブロードバンドルーターに割り当てられる。ルーターはこのIPアドレスと任意のポート番号に対する外部からのアクセスをLAN内の任意のIPアドレス/ポートに転送する機能を備えており、LAN内の任意のサーバーを外部に公開できる。

 一方、IPoE方式のIPv6網でIPv4を扱うサービスは、原則としてIPv4のグローバルアドレスを複数のユーザーで共有する。この複数のユーザーを区別する識別子としてポート番号を使うため、外部に公開するポートを自由に決められない。PPPoE方式のIPv4サービスと違い、任意のポートを外部に公開してインターネットからアクセスする用途には向かない。

 解決策は大きく2つある。

  1. 従来のPPPoE方式を併用する
  2. 利用可能なポート番号を使って待ち受ける

(1)PPPoE方式のインターネットサービスを併用

 IPoE方式で複数のインターネット接続事業者(プロバイダー)を併用することはできないが、PPPoE方式であれば任意のプロバイダーのIPv4サービスを契約できる。IPv6はIPoE方式、IPv4はPPPoE方式という使い分けが可能だ。

IPoE方式とPPPoE方式を併用
[画像のクリックで拡大表示]

 従来通り、ルーターにはIPv4のグローバルアドレスが割り振られ、このIPアドレスには世界中からアクセスできる。

 もちろん、PPPoE方式では混雑しているNTEを使い続けるため、IPv4の通信は高速化されない。速くなるのはIPoE方式のIPv6ネットワークを利用する通信だけ。普段利用しているサービスがIPv6対応であれば、有力な選択肢となる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。