この原稿を読んでくれているあなたの成長のために、「絶対にやってはいけないこと」が二つある。それは

  1. 「あぁ、それは知っている」と知ったかぶりをする
  2. 「それは違う」と否定して受け入れない

 この二つの行動だけ取らないでいれば、あなたはいつでも、どこでも、どんなことがらからでも、自分の成長にプラスになる何かを学べるようになる。

給料は誰が払ってくれているのか?

 もしもあなたが「あなたの給料は誰が払ってくれているでしょうか?」と問われたら何と答えるだろうか?

経理?
社長?
会社?
株主?

どれも違う。

 それは、お客様だ。お客様が提供された製品やサービスの対価としてお金を支払ってくれているからこそ、会社は給料を払えるのだ。

 「あたりまえじゃん!」と思った人がいるかも知れないが、この質問をすると必ず「会社!」と答える人によく会う。それが何か問題なのかと言えば、大ありだ。

 要は、誰のために働くのか、誰を向いて仕事をするのか、という根本的な価値観が異なるからだ。「会社に雇われて会社で働く以上は、会社の言うことを聞いて、会社のルールを守って、会社の利益を最大化するために働くことでお給料をもらっている」と考えている社員は、お客様よりも会社を優先するようになる。

 そしてやがて、お客様に迷惑をかけようとも、会社が損をしないように会社を守る行動を採るようになる。これがお客様への対応の際に如実に表れて、確実に顧客満足度やNPS(ネットプロモータースコア)などの指標に影響を与える。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。