今回で「英語よりもずっと役に立つ」シリーズ三部作は終了である。たくさんの方に御笑覧いただけたことは感謝に堪えない。紙面を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございます。

 おかげさまでFacebookのシェアカウンターの数字が、「〜スキル」は400シェアを超え、「〜価値観」も200シェアを超えた。読者皆様にも私同様に英語に苦労している気持ちがあって、つい「ポチッ」とされたのだろうと思う。

 タイトルには、「英語よりも大切なモノがあるんだよ」というメッセージが前面に出ているので、「英語なんかできなくてもぜんぜん大丈夫!」と私が言っていると思われるかもしれない。

 このシリーズでこれまで語ってきたのは、以下の通りだ。

英語よりもずっと役に立つスキル

  • ブラックボックス・アジア
  • 異文化コミュニケーション
  • 相手の文化を尊重するスウェーデン人と無頓着な日本人(わたし)

英語よりもずっと役に立つ価値観

  • 全世界30万人に共通の価値観
  • 「企業内文化」を共有できてさえいれば
  • 文化が全て
  • ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化とは
  • マーケティング文化を全社で共有する

 タイトルで「英語よりもずっと」を強調してきたから誤解されても仕方ないが、「スキルと価値観さえしっかりしていれば、海外赴任だろうが、外資系企業で働こうが、英語を使わなくても仕事はできる、英語は不要である」と言っているわけではない。そうではないのだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。