住信SBIネット銀行FinTech事業企画部長の吉本 憲文氏と、インフキュリオン・グループ代表取締役社長兼ネストエッグ取締役フェローの丸山 弘毅氏は、日経FinTechが2017年2月28日に開催した「Nikkei FinTech Conference 2017」のセッションに登壇。協業と今後のビジネス拡大について意見を交わした。モデレータは日経FinTech 岡部 一詩が務めた。

住信SBIネット銀行FinTech事業企画部長の吉本 憲文氏(左)とインフキュリオン・グループ代表取締役社長兼ネストエッグ取締役フェローの丸山 弘毅氏(右)
(撮影:加藤 康、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 住信SBIネット銀行は2016年12月に、ネストエッグの自動貯金サービス「finbee」との協業を発表。「更新系API」を用いた連携を開始すると表明した。

 更新系APIとは、サービスを提供する事業者が、利用者のログインIDやパスワード、個人情報などを保有することなく、口座への振替などを行えるようにする仕組み。finbeeでは、スマートフォンアプリを用いて、住信SBIネット銀行の目的別口座に対して貯金、つまり「自分の口座から自分の口座への振替」ができる。

 こうした仕組みを構築するために重要になるのがAPIだ。金融庁がAPIの提供を金融機関の努力義務とする報告書をまとめており、法案化に向かっているとみられる。こうした動きについて、住信SBIネット銀行の吉本氏は「(金融庁の動きによってFinTech市場が)盛り上がるとよい。新しいテクノロジーを普及させる要素の一つ」と述べた。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。