自社の基幹システムの更改を考える際に、多くの企業が「クラウドファースト」や「クラウドノーマル」という前提で議論を始めている。

 企業の情報システム部門は、一般的に既存のオンプレミスシステムとの互換性や継承性を重要視する。可能な限り既存システムに変更を加えることなくクラウドにそのまま移行(Lift)し、その後にシステムをクラウドに最適な環境に随時変更していく(Shift)」する「リフト&シフト(Lift-and-shift)」というステップを踏もうとする。

 調査会社のIDC Japanは2018年6月14日に「2018年 国内クラウドインフラストラクチャに関するユーザー動向調査結果」を発表した。同レポートによると、「オンプレミスで仮想サーバーを運用している企業のクラウドへの移行ニーズは40%を超えている」という。

 同社がオンプレミスシステム環境で仮想サーバーを運用している企業に、今後の運用方針について聞いたところ、「オンプレミスの仮想サーバーでそのまま運用していくと回答した企業が31.1%、オンプレミスでそのまま運用していくがハイパーバイザーは移行すると回答した企業は18.5%だった」という。

 加えて「一部の環境をクラウドサービスに移行すると回答した企業は30.0%、ほぼ全部の環境をクラウドサービスに移行すると回答した企業は11.4%だった」という。いわゆるリフト&シフトによるクラウドサービスへの移行を考えている企業が、40%を超えたことになる。

 調査ではクラウドサービスへ移行する理由も聞いている。「運用負担の削減と回答した企業が70.5%と最も高く、ハードウエアコストの削減(回答率49.2%)やセキュリティの強化(同32.1%)が続いていた」という。オンプレミスシステムでの仮想サーバー環境の運用負担の高さが、クラウドサービスへ移行を検討する契機になっていると推測できる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。