AI(人工知能)システム関連の市場が急拡大している。調査会社のIDC Japanが2018年5月14日に発表した「国内コグニティブ/AIシステム市場予測」から、その一端が垣間見える。

 IDCは、2017年のコグニティブ/AIシステムの市場規模を、2016年からほぼ2倍増の274億7600万円と推定している。企業が実証実験フェーズから、実システムへの適用やソフトウエアへのAI機能の組み込みへと進んだことが背景にあると見ている。

 IDCはコグニティブ/AIシステムを、「自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供することで、人間の意思決定を補助/拡張する技術」と定義している。

 IDCは2018年以降の同市場が、AIシステムの「パーベイシブ化(普及)」によって急速に拡大すると見ている。特に金融事業でのリスク検出/分析や、サービス業での自動顧客対応にAIの適用が進み、2022年には2947億5400万円の規模になると予測している。2016年と2022年の市場規模を比較すると実に20倍以上の差となる。

 IDCは、ITサプライヤがユーザー企業に以下の項目に対応することの意義を説いているという。

  • AIシステムの実ビジネス適用を進めるための、アプリケーションソフトウエアへのAI機能の組み込み
  • 適切な教師データ選択/作成支援などのサポート体制整備
  • ユーザー企業がAIシステムを利用する際の運用支援の強化

 つまりITサプライヤは、アプリケーションソフトウエアへのAIの組み込みやAIシステムの運用支援サービスなどを一元的に担う、AIシステムインテグレータとしての役割を広げようとしている。これまでのSI(システムインテグレータ)やCI(クラウドインテグレータ)にとどまらず、AIをフックに自身の事業領域の拡大を図っているといえる。

 AIや機械学習関連のクラウドサービスは世界的に、米国の主要クラウド事業者のサービスがユーザー企業に高く認知されている。具体的にはAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloud Platformなどだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。