赤い海と深い青の空に覆われた広大な空間に、斬新なデザインのコートが、浮かんでいる。立体感があり表面のつやも感じ取れる。その周囲には四角形のオブジェが様々な角度で浮遊している。それぞれには、コートを身に付けたモデルが映し出されている─。

2016年8月から9月、伊勢丹新宿本店で、VRショッピングを顧客に体験してもらうイベントを実施。新鋭ファッションデザイナーが思い描く世界観を表現した360度空間を作ったうえで、実在の服を3次元スキャナーで取り込んで浮かび上がらせた。専用のコントローラーを使うと、見たいブランドや洋服を選んだり、購入したりすることができる
写真撮影(HMDの女性)、背景合成:村田 和聡
[画像のクリックで拡大表示]

 こんな幻想的なVR(仮想現実)空間のなかで、新進気鋭のデザイナーが仕立てた最新ファッションのショッピングを楽しむ「VRショッピング」を実現させたのが、三越伊勢丹ホールディングスだ。

 VRショッピングは、2016年8月から9月にかけて、秋物の最新ファッションを提案するイベント「2016 彩り祭」の一環として、伊勢丹新宿本店で公開された。

 公開の場は、新進気鋭のファッションを提案する店内スペース「センターパーク/TOKYO解放区」だ。「テクノロジーをかけあわせたファッション」をテーマに、このVRショッピングを出展した。

 VRショッピングは、台湾のHTCが提供するVR端末、「HTC Vive」のHMD(ヘッドマウントディスプレー)をかぶり、コントローラーを持ってから始める。今回は、「chloma」など3つの国産ブランドで、VRショッピングを楽しめるようにした。

 コントローラーで、VR空間上に浮かぶ複数のブランドロゴから1つ選んでみる。すると「赤い海と深い青の空」といったそのブランドのデザイナーが思い描く世界観が空間一面に広がる。そこにデザイナーの作品である洋服を浮かび上がる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。