ソニーは、米ラスベガスで2018年1月9日(現地時間)から開催中の「CES 2018」で大型ブースを出展。犬型のエンターテインメントロボット「aibo」や車載向けのイメージセンサー技術、「Xperia」シリーズのスマートフォン新版などを展示した(写真1)。

写真1●CES 2018のソニーブース(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

「aibo」の実機を海外で初公開

 CESの開幕に先駆けて開催したプレスカンファレンスには、ソニー代表執行役社長兼CEO(最高経営責任者)の平井一夫氏が登壇(写真2)。日本で2017年11月に発表した「aibo」を海外で初めて披露し、「ソニーによるAI(人工知能)とロボティックスへの取り組みにおいて、aiboは始まりに過ぎない」と語った。

写真2●「aibo」を披露するソニー代表執行役社長兼CEOの平井一夫氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーブースにはaiboの展示エリアを設け、2台の実機によるデモを公開した(写真3)。来場者が触れることはできなかったが、展示スタッフと触れ合いながら様々なしぐさを見せる様子が、来場者の注目を浴びていた。

写真3●ソニーブースでaiboの実機を公開
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。