仕事のスピードアップを狙ってセルフサービスBIを導入しても、すぐに期待通りの効果が出るとは限らない。処理速度の遅さや使いにくさで社員からそっぽを向かれることも。課題を乗り越えて「使われる」分析システムを作り上げた資生堂とショップエアラインの事例に学ぼう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。