エクセルを駆使して職場のニーズに合ったデータ分析の仕組みを作り上げた“エクセル達人”。意思決定に必要なKPI(重要業績評価指標)を盛り込んだ定型レポートを定期的に発行してくれるIT部門。

 これまではデータ分析に欠かせない人や組織だった。ところが今や、その存在がボトルネックになりつつある。経営環境の変化に合わせてKPIを常に見直し、分析から意思決定までのスピードをより速めることが求められるようになったからだ。

 特定の人や組織に依存せず、誰もが「今」の問題意識に沿って分析できる。そんな環境を整えるため、セルフサービスBIを導入したのが日本電産とリクルートライフスタイルだ。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。