サービス分野では「クラウド基盤サービス」部門を新設。既存部門では2冠を達成する企業があるなど、安定感を発揮する企業が目立った。

[画像のクリックで拡大表示]

ITコンサルティング/上流設計関連サービス

メーカー首位はユニシス 富士ゼロックスも戴冠

[画像のクリックで拡大表示]

 「メーカー」部門は日本ユニシスが首位となった。納期回答や納期順守の度合いを尋ねた「納期」、提案力や業務知識といった「担当者のスキル」、トラブルや問い合わせへの回答についての「対応力」で、全社平均を5ポイント以上上回った。サービスそのものや成果物の内容について聞いた「サービスの品質」でも高い評価を得た。

 2位は日本IBM。「担当者のスキル」を筆頭に、3項目で評価が高い。富士通と日立製作所が同点で3位。日立は「サービスの品質」が全社平均より5ポイント以上高かった。NECは5位だった。

[画像のクリックで拡大表示]

 「情報サービス会社」部門の首位は富士ゼロックス。利用料金や予算の順守度合いに関する「コスト」をはじめ4部門で、平均より5ポイント以上高いスコアを獲得した。「納期」などが部門中で最高スコアだった。

 2位に付けたのはリコーグループ。「担当者のスキル」が全社平均より2.5ポイント以上低かったものの、「コスト」と「納期」で高い評価を得た。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。