図B●アドテクの基本的な考え方
枠の売買が出発点
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年に前年比10.2%増の1兆1594億円となった日本のインターネット広告市場(電通調べ)。現在は消費者の興味や関心を推定し、最適な広告を瞬時に配信する手法が主流だ。

 人手ではとても不可能な処理をこなす技術がアドテクノロジー(アドテク)。ITによるマーケティングの進化の象徴であり、デジタルマーケティングを構成する、最も基本的な技術である。

図C●ネットワークによる広告取引市場
多数のプレーヤーを束ねる
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。