業務では、様々な紙の文書を扱う。すべてがA4判などに統一されていればドキュメントスキャナーでまとめてデジタル化するのも楽だが、実際はそううまくはいかない。メモ用紙や新聞の切り抜き、打ち合わせで使った飲食店の領収書、ホワイトボードを写したスマートフォンの写真など、フォーマットがバラバラであることが多いのが悩ましいところだ。

 そうした書類をデジタルデータとして残しておくために、スマホのカメラ機能を利用する人は多い。昨今のスマホカメラは画質が向上して細かな文字も判読できるので、実用上は問題ないとはいえる。しかし、本格的にメモ代わりに使おうとすると、いろいろと不満も出てくる。

 例えば、真正面からきっちりと撮影しないと四角い書類が斜めになったりゆがんでしまったりして、見た目はいま一つ。また、白い紙やホワイトボードを撮影すると大抵は露出がアンダーになり、全体に暗くコントラストの低い仕上がりになってしまう。後から補正して見栄えを整えることは可能だが、何枚もの写真を手作業で修正するのはやっかいだ。

スマホのカメラ機能はメモ代わりに使えるが、文書やホワイトボードを撮影する際はゆがんだり暗くなったりすることが多く、文字は読みにくいことが多い
[画像のクリックで拡大表示]
補正すれば明るくコントラストの高い仕上がりにできるが、いちいち手作業で補正するのは手間がかかりすぎる
[画像のクリックで拡大表示]

 データの扱いも面倒だ。カメラアプリで撮影すると多くの写真に埋もれてしまうため、探し出すのが面倒になる。複数の写真をひも付けたり、目的の写真を文字で検索することも難しい。日々の業務で発生した書類を毎日撮影しているとバラバラに散在することになり、まとめて閲覧するのが難しくなる。

 そこで利用したいのが、スマホのカメラ機能を利用したメモアプリだ。様々な書類を見やすい状態に自動で補正したうえで、関連のあるものをまとめて管理し、軽快に閲覧できる。クラウドサービスと連係する機能を備えたものも多く、スマホやタブレットだけでなく会社のパソコンでも閲覧できる。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。