国内にある企業で一番多い社名をご存じだろうか。実は、国税庁が運営している「法人番号公表サイト」で簡単に調べられる(図1)。

図1●国税庁の「法人番号公表サイト」
[画像のクリックで拡大表示]

 法人番号とは、国税庁が官民の情報連携を効率化するために、企業などの法人に指定した13桁の番号である。個人番号(マイナンバー)と異なり、原則として公表されて誰でも自由に使える。

 国税庁の法人番号公表サイトでは、法人番号が公表された約437万件の法人について、法人番号から社名や所在地を検索できる。逆に、社名や所在地、郵便番号から法人番号を調べることも可能だ。

 例えば、日経BP社の場合は登記社名の「日経ビーピー」で検索すると、法人番号や所在地が分かる(図2)。


図2●法人番号公表サイトで検索した日経BP社の法人番号や所在地
[画像のクリックで拡大表示]

 マイナンバー制度では、地方自治体が国内に住む全ての人にマイナンバー(個人番号)を付番した。同じように、国税庁は国内にある企業や行政機関など法人に唯一無二の13桁の法人番号を割り当てた。

 法人番号公表サイトでは、誰でも自由に公表された法人番号に加えて、社名や商号、本店や主たる事務所の「所在地データ」の「基本3情報」を調べられる。法人番号公表サイトのデータは日次で更新される。変更履歴も分かる。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。