売上高500億円以上のITサービス企業(上場29社)の2015年度の業績を基にした収益力ランキングを作成した(表1)。企業の「収益力」を表す、売上高営業利益率で順位付けしている。29社合計の営業利益率は6.7%だ。ITサービス企業全体の収益力の成長は鈍い。2014年度の6.4%から0.3ポイントの上昇にとどまる。

 収益力トップは例年通りオービックで、44.4%の営業利益率を記録した。2014年度と比べ営業利益率は1.3ポイント高まった。この営業利益率の伸びも29社中で最も高く、他のITサービス企業との格差はさらに広がった。2位は野村総合研究所で13.8%。3位には2015年度に売上高500億円を超えてランキング入りしたNSDが付けた。

表1●主なITサービス企業の収益力ランキング(売上高500億円以上の上場企業)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。