誰がどこからどう攻撃してくるのか―。攻撃してくる“敵”に関する情報が「サイバーインテリジェンス」だ。インテリジェンスを活用すると、相手が盗みたいと思っているものを隠す、攻め手を無効にするなど、先回りした対策を実施できるようになる。

 今のサイバー攻撃は、高度な技術を持ったプロの犯罪者集団によるもので、企業や団体に組織的に襲いかかり、金銭や機密情報を奪う。攻撃を受ける度に目の前の火の粉を払う受け身の防御ではなく、敵の出方を知り、あらかじめ手を打つ「攻めの防御」への転換が必要だ。