「企業は利益を上げるための集団にすぎない」と思っていませんか?実は企業の価値観や方針は、そこに勤める社員の人格に大きな影響を及ぼしているのです。企業が自らの価値観を問いなおすことの重要性について解説します。

企業は社員の人格に大きく影響する

 私は日々いろいろな企業の方にお会いする中で、同じ企業に勤める人の価値観や行動様式は似ているものだと感じています。そしてそれは、その会社の方針が働く人たちの自己に取り込まれているからだと捉えています。
現に、その仕事に適合して社員の顔までもが変わってしまうという研究結果も目にしたことがあります。企業は働く人の人生に対して、予想以上に大きな影響を及ぼしているのです。

 心理学者のアブラハム・マズローは、個人の成功が他人の犠牲の上にのみ成り立つという、ビジネス社会の実情を数多く見てきました。そして、「良い社会」の実現のために、企業がもたらす影響について様々な意見を述べています。

  • 仕事は常に自己にとりこまれている
  • 自尊心と仕事との関係は密接なものとなる
  • 健全で安定した自尊心を持てるかどうかは、立派な価値ある仕事を自己の一部にできるかどうかにかかっている
  • 個人の仕事生活は教育と同様、あるいはそれ以上に影響力がある
  • 現代人が嘆きを訴えるのは、誇ることのできない仕事や、自動化され何の努力も要しないまでに細分化された仕事を受け入れざるを得ない状況である
  • 人の役に立たない仕事は、立派にやりとげる価値がない

 自分自身の経験に照らしてみて、私も同様の見解を持っています。

 私が最初に勤めた会社ではソフトウェア開発を行っていましたが、ユーザが誰なのか、何の価値のために働いているのかが全くわからず、人の役に立っている実感はありませんでした。仕事仲間と飲みに行っても愚痴を言い合うことが多く、仕事に誇りを持っているような雰囲気はありませんでした。

 その頃の自分は生きているのか死んでいるのかわからないと半ば人生を諦めた心境で、全く自尊心の持てない状態になっていたことを思い出します。

 こういった状態はとても個人的で、特殊だと思っていたのですが、その後の仕事経験を通じて、同じ気持になっている人が少なからず存在していることを知りました。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。