OSとして「Windows 10 Mobile」を搭載した最新のWindowsスマホなら、Windows 10パソコンと同様の仕組みで連携できる。

 一方、Android搭載スマホやiPhoneなら、マイクロソフトが提供するWebサービスごとの無料アプリをインストールして、それぞれのアプリにMicrosoftアカウントでサインインしておく。

 特にビジネスシーンで使うなら、「OneDrive」「Word」「Excel」などのアプリは必携だ。パソコン側でOneDriveに保存したファイルを閲覧でき、WordやExcelの文書ファイルをそのまま開いて編集もできる(図1)。そのほかのアプリは、必要時にインストールすればよい(図2)。

●パソコンと同じ文書ファイルをスマホで開ける
図1 Androidスマホに「OneDrive」アプリをインストールして、パソコンと同じMicrosoftアカウントでサインイン。パソコンと同じファイルを一覧できる(左)。「Word」アプリや「Excel」アプリもあれば、Office文書の編集が可能だ(右)
[画像のクリックで拡大表示]
●Windows 10と連携するマイクロソフトのスマホアプリ
図2 マイクロソフトが提供するAndorid/iOS向けの主要アプリ。いずれも無料で使え、Windows 10の標準機能と連携できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。