Excelで書類を作成する際、図形を用いる機会は多々あります。VBAを使えば、図形の操作も自動化できます。ここで紹介するのは、スケジュール表の矢印線を自動で引くVBAです。いわゆる「ガントチャート」と呼ばれる形式のスケジュール表であり、[作成]ボタンをクリックすると、工程ごとにB列の開始日とC列の終了日に応じて、矢印線が自動で引かれます(図1)。[削除]ボタンをクリックすると、矢印線がすべて削除されます。また、矢印線の太さはワークシート「設定」のB1セルの数値で、色はB2セルの塗りつぶし色で設定できるようにしています(図2)。

図1●[作成]ボタンのクリックで、開始日と終了日に応じて矢印線を引く。[削 除]ボタンのクリックで矢印線をすべて削除
[画像のクリックで拡大表示]
図2●ワークシート「設定」にて、 矢印線の太さと色を指定
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。