前回までの「日本を復活させるB2Bマーケティング」では、B2B企業の活性化が日本の経済を復活させられることを解説してきました。さらにB2B企業にもマーケティングが必要で、その一つのテーマとしてWebサイトを取り上げ、その改善方法を簡単に説明しました。

 今回からしばらくは、実際にマーケティング活動を実践しているB2B企業を訪ね、聞いた話をまとめるインタビュー形式の体裁とします。最初に伺ったのは、GE Healthcareの飯室 淳史さんです。

インタビュー相手とGE Healthcareについて

GE Healthcare Life Sciences部門のGlobal Digital/Web Leader 飯室 淳史氏
[画像のクリックで拡大表示]

 飯室さんはGE HealthcareでLife Sciences部門のGlobal Digital/Web Leaderとして活躍しています。同社のLife Science部門で全世界のデジタルマーケティング戦略を日本から統括するグローバルリーダーを務めています。

 以下の文章は、同社のWebサイト(http://www.gelifesciences.com/)を見ながら読むと分かりやすいでしょう。併せてhttp://proteins.gelifesciences.com/のサイトも参照してください。実は、後者はGE Healthcareの新しい考え方に基づいて構築したWebサイトなのです。

 GE HealthcareはLife Science事業で、実に多くの製品やサービスを提供しています。生命科学や医療の領域は、科学の進歩に伴いどんどん専門分野が多様化し、深くなっています。提供する製品やサービスも増えていきます。

 一方でマーケティングや営業の対象が大幅に増えているわけではありません。そして製品・サービスの進化に合わせるように、マーケティングや営業も細分化しています。

 このように、顧客ターゲットがあまり多くない事業でのWeb活用、さらにはマーケティングについて非常に興味を持ちました。今回、飯室さんに貴重な時間を頂き、話を伺いました。

GE HealthcareのWebサイトの概要

 まず飯室さんの役割は、デジタルマーケティングのグローバルリーダーです。その領域は日本国内にとどまらず、グローバルに及んでいます。さらにWebmasterよりも責務の広い、マーケティングのグローバルリーダーでもあります。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。