[画像のクリックで拡大表示]

デジタルマーケティングの浸透で、PR 誌や会員誌の効果に疑問を持ち紙メディアを廃止する企業もあります。紙メディアは本当に不要なのでしょうか。

紙メディアの持つデメリットとメリット

 すでに述べたように、デジタルマーケティングの普及でコンテンツの投資対効果が測りやすくなりました。デジタルならマーケティングのプロジェクトごとに成果が見えやすくなりますし、コンテンツを改善しやすいというメリットがあります。

 一方でPR誌や会員誌など紙のメディアは効果が測りにくく、改善のサイクルが中長期になりがちで、コストが掛かります。

 しかし紙メディアが不要かというと、決してそうではありません。

 例えばWebサイトでオウンドメディアを展開すると同時に、紙のPR誌も発行している企業があります。

 この企業では、Webサイトのコンテンツで広いターゲット層に訴求しながら、紙メディアは経営層に向けて制作しているのです。企業の中で決裁権限のある経営層は紙に親しみがある世代も多く、デジタルのコンテンツよりも紙の情報を信頼する傾向があります。

 高級感のあるPR誌を経営層に届けることで、決裁権限者に直接リーチするという手法です。

 デジタルメディアと紙メディアの特性を、次にまとめてみました。

デジタルメディアと紙メディアの特性

[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。