[画像のクリックで拡大表示]

 マーケティング戦略をどんなに緻密に設計しても、コンテンツの質が悪いとターゲットとなる読者は逃げていきます。ここでは、効果的な記事の作り方を紹介します。

読まれるかどうかはタイトルで決まる

 Webコンテンツを読むとき、読者はWebサイトのトップページやメールマガジンなどから、タイトルをクリックしてコンテンツにたどりつきます。このとき読者がクリックしてコンテンツを読むかどうかは、タイトルに大きく左右されます。

 忙しい読者は、山のように送られてくるメルマガの記事に一つひとつ目を通している時間はないかもしれません。そこで読者の目を引き、読まれるタイトルのつけ方を見ていきましょう。

タイトルをつけるときに重視すること

1.キーワード
→タイトルに、読者の興味を引くキーワード、ニーズに合ったキーワードが入っているか
2.長さ

→タイトルが長すぎないか
3.意外性

→タイトルに、意外性が含まれているか

 それではここで、IT企業であるA社が作成したコンテンツのタイトルを紹介しましょう。

あるコンテンツのタイトルの例

[画像のクリックで拡大表示]

 皆さんがコンテンツの読者だとして、このタイトルを見たときクリックして詳細を読みたいと思うでしょうか? おそらく、そう感じることは少ないと思います。

 どんな点が問題なのか、先ほどの3つのポイントに照らして見ていきましょう。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。