写真:Getty Images

 ツールがプログラムを自動生成する「超高速開発」――。常識を覆す開発手法に本誌が着目したのが2012年。それから3年。動きは拡大しつつある。みずほ銀行が次世代基幹システムに採用したほか、パナソニックやソフトバンクといった大手企業も保守まで含めた効率の高さを評価して新規開発に選んだ。背景にあるのが従来手法の限界だ。企業の業種や規模を越えて全国に広がるか。