Office 365はクラウド版のグループウエアだが、同様のクラウド版のグループウエアはいくつか存在する。今回は、最も代表的なG Suite(Google Apps for Workから9月に名称変更)と比較してみよう。

Office 365とG Suiteの機能

 これまで紹介してきたOffice 365は、Microsoftが提供するグループウエアだ。対して、G SuiteはGoogleが提供しているグループウエアである。

 G Suiteという名称は聞き慣れないかもしれないが、これまで「Google Apps for Work」と言われていた名称を、9月に変更したものだ。メールやストレージ、スケジュール機能などの下記のサービスを使用することができる(図1)。

機能 Office 365 G Suite
メール機能 Exchange Online
Outlook
Gmail
スケジュール機能 Exchange Online Googleカレンダー
ビデオ会議、インスタントメッセージ Skype for Business ハングアウト
オンラインストレージ OneDrive for Business Googleドライブ
ドキュメント編集 Office Online Googleドキュメント
社内サイト Yammer
SharePoint Online
Googleサイト

図1●主なサービス一覧。それぞれに対応する機能が用意されている。OfficeはMicrosoft社の製品だが、
それに該当する機能はGoogleドキュメントだ。

 上記のように、Office 365とG Suiteは機能が似通っている。

 違いは、Office 365はプランによって、デスクトップ版のOfficeのアプリケーションをPCなどのデバイスにインストールすることができることだ。

 G Suiteは、Officeに相当する「Googleドキュメント」をオンライン版で提供している。表計算は「スプレッドシート」、文書ファイルは「Google Docs」、プレゼンテーションの作成は「プレゼンテーション」だ。G Suiteは上記のすべての機能をクラウド化しているため、インストールの必要がなく、OSに依存しない。その点は管理しやすい。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。