Office 365には、組織内で動画をアップして管理できるMicrosoft Stream(以下、Stream)がプランによって用意されている。

 動画以外に、Microsoft Forms(以下、Forms)で作成したアンケートなどを動画の任意の位置に追加できる。たとえば、動画の最後にアンケートを追加して、動画の評価やリクエストなどを募って、今後の参考にすることも可能だ(図1)。

 

 今回は、このStreamを紹介しよう。

図1●動画を組織内で管理できるStream。必要に応じてFormsで作成したアンケートやクイズを追加することもできる。
[画像のクリックで拡大表示]

 Streamは、Office 365の組織内で公開範囲を指定して動画をアップしたり、動画に対してコメントやFormsで作ったアンケートなどを追加したりできる。加えて、ライブイベントなどの機能がある。従来からあったOffice 365ビデオの後継サービスと目されている。

 Streamは、プランによって利用できる機能が異なる(執筆時点)。また、Stream単体のプランを追加して利用することもできる。90日間の試用版があるので、試してみるとよいだろう。

Streamを利用する

 Streamを利用するには、Office 365のホーム画面から、左上の「アプリ起動ツール」→「すべてのアプリ」→「Stream」をクリックする。

 最初にStreamのホーム画面が表示される(図2)。画面上部には、ナビゲーションバーが表示され、ここで操作を選択する。使い方がわからない場合は、画面下の「MICROSOFT STREAMの使用方法を学ぶ」から、目的の内容を選択すれば、操作方法の動画を確認できる。なお、現時点では説明は英語のみである。

  
図2●左上の「アプリ起動ツール」→「すべてのアプリ」→「Stream」をクリックすると、Streamのホーム画面が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。