[画像のクリックで拡大表示]

 「Webサイトを作ってはいるけれど、正直、これで良いのか不安」
と思っているBtoB企業のマーケティング担当者は少なくないかと思います。

 近年、インターネットが進化してサービスのクラウド化が進んでいる影響で、BtoB企業でも製品/サービスの質や価格だけで差別化するのが難しくなっています。

 そのため、どの企業もWebサイトでしっかりと自社や製品・サービスのブランディングをして、信頼を獲得していくべき時代になってきました。

 今回は、信用されているBtoB企業のWebサイトが抑えているポイントを7つご紹介します。あなたの会社のWebサイトは7つのポイントができているのかを確認しながら読んでみてくださいね。

BtoBだからこそWebサイトに力を入れるべき理由

 信用されるWebサイトを作るために必要なポイントを確認するにあたり、「なぜ今、BtoB企業がWebサイトに力を入れる必要があるのか」を改めて確認しましょう。

 そもそもBtoB企業はお客様との信頼関係が大切だと言われています。その理由には、BtoB企業ならではの次のような特徴が関係しています。

<BtoB企業の契約までの特徴>
  • 製品/サービスの単価が高い
  • 決裁までに複数の人間が介在する
  • 検討期間が長い
  • 取引の規模によってはその企業の将来性も重要になる

 つまり、製品/サービスの善し悪しだけでは決められない部分が存在してしまうからこそ、商談相手から信頼されていることが、契約に至るための重要な要素の一つになります。

 ただ、営業担当が信頼されていたとしても、会社全体として信用されないと契約には繋がりにくいことが多いです。そのため、会社の顔にもなるWebサイトから信用を得ていくことが重要なのです。

 実際に、あなたも製品/サービスを検討している最中に、情報源としてWebサイトを見ませんか?今や、Webサイトは営業担当の説明やパンフレットよりも見られており、他社と比較検討するにも、Webサイトがなければ検討できないのです。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。