本連載にはデジタルマーケティングを実践する上で、技術的に理解しておきたいコンテンツを掲載していく。第1回で取り上げるのは、「Google AnalyticsのCookie」。Googleの公式ヘルプでは、「ファーストパーティCookieである」とうたっているが、なぜそういえるのか。理由を読み解いた、Nexalのテクニカルエンジニア「ニコライ」氏のブログを転載した。

 ブログをご覧頂いている皆さん、こんにちはニコライです。Nexalではテクニカルエンジニアとして勤めています。技術的な観点から、皆さんの業務にお役立て頂けそうな情報を更新して参ります。今後とも宜しくお願いします。

 初投稿のお題は、GoogleAnalyticsのCookieについてです。

 公式ヘルプによると、GoogleAnalyticsではアクセス解析の仕組みとしてCookieを利用しており、且つそれはファーストパーティCookieであると謳われています。ただ、これには合点がいかない方も多くおられるようです。「Googleのサーバと通信しているのだから、サードパティではないのか?なぜファーストパーティ?」という疑念があるからです。

 以下は、公式ヘルプにGoogleが掲載していた一文です。「GoogleAnalyticsはファーストパーティである」ことが明示されていました(現時点で引用元の記事は削除されているものの、下記リンク先にファーストパーティである旨の記述が残っています)。
https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/analyticsjs/cookie-usage?hl=ja

 Google アナリティクスはユーザー セッションの定義に Cookie を使用します。Google アナリティクス レポートのさまざまな主要機能も Cookie に依存しています。Google アナリティクスはレポートに必要なデータを収集するためにのみ Cookie を設定して更新します。さらに、Google アナリティクスはファーストパーティ Cookie のみを使用します。これは、Google アナリティクスがお客様のドメインに設定するすべての Cookie は、そのドメインのサーバーにのみデータを送信することを意味します。つまり、Google アナリティクス Cookie は実質的にそのウェブサイト ドメインの私有物であり、他のドメインのサービスがデータを変更したり取得したりできないようになっています。

 この記事では、GoogleAnalyticsがなぜファーストパーティCookieなのかについて解説します。

 理解を助けるため、下記の流れで説明します。

  1. ファーストパーティとサードパーティの違いについて
  2. GoogleAnalyticsが利用するCookieについて
  3. Cookie発行の流れとオーナーについて
  4. 結論

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。