仕事に欠かせない文具として、ノートを挙げる人は多いでしょう。打ち合わせのときはもちろん、アイデアを考えるときにも使っている人は、結構いると思います。なんとなくノートを選んでいる人もいるでしょうが、少しでも使いにくいところがあるのなら、その部分を改善してあるものを使いましょう。

 自分に最適なノートを使っている人でも、さらに使いやすいものはないか、探してみるといいでしょう。近年では、使いやすさを追求したノートが次々と登場しているので、自分により合ったものが見つかるかもしれません。今回は、独自のこだわりや工夫によって、使いやすいと感じられるノートを紹介します。気になるものがあれば、ぜひ試してみてください。

「進化したリング」で違和感を軽減したリングノート

 リングノートは、360度折り返すことができるため、省スペースで使えて便利です。ところが、「リングが邪魔になって書きにくい」という人もいます。ただ、この問題を改善したリングノートがあります。

写真1●リングノート嫌いにも薦めたい「ソフトリングノート A5」(左)と「カ・クリエ ツインリング」(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 お薦めなのは、「やわらかリング」の採用でリングが手に当たっても凹んで違和感を軽減してくれる「ソフトリングノート A5」(コクヨ、メーカー希望小売価格は税別280円)です。「リングノートは使いたくない!」という人でも、使ってみたくなるほどの完成度です。

 やわらかいリング以外にも、ドット入り罫線を採用しているため、線や図が書きやすくなっている点も便利です。まさに使いやすいリングノートのスタンダード的な存在、といってもいいでしょう。B5サイズもあります。

 このほか、書きやすさを向上させるため、リングの間に手が収まるよう上下部分にのみリングを採用した「カ・クリエ ツインリング」(プラス、メーカー希望小売価格は税別470円)もお薦めです。表紙が硬く、片手に持って書きやすい細長タイプ(A4×3分の1サイズ)なため、立ったままの筆記もしやすくなっています。

 閉じバンド付きなので、鞄に放り込んでも中の紙が折れ曲がったりしません。さらに商品ホームページから専用の年間カレンダーや月間スケジュール、TO Doリストなどをプリントアウトできるため、手帳兼ノートとしても使えます。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。