今年も「文房具屋さん大賞 2018」が決まりました。文房具屋さん大賞は年1回、有名文房具店10社(石丸文行堂、コーチャンフォー、TSUTAYA、東急ハンズ、ナガサワ文具センター、ノベルティ研究所、丸善ジュンク堂書店、マルノウチリーディングスタイル、有隣堂、ロフト)が、その年に発売された文具のなかから最も優れたものを選びます。

[画像のクリックで拡大表示]

 今年は24の文具が選ばれました。今回、その中から4つ紹介します。どれもアイデアが光る商品です。気になるものがあれば、ぜひ使ってみてください。

軽量・コンパクト!「はさむ機能」が便利な文具

 はさむ機能を活かした文具では、付箋とテープカッターが選ばれました。一度使えば手放せなくなる人もいるはず、と思うくらい、軽量・コンパクトで使いやすいものです。

 まず、付箋はデザイン賞に選ばれた「クリップココフセン ライトブルー S」(カンミ堂、メーカー希望小売価格は税込453円)です。ノートや本などに本体ごと貼って使うポップアップ式のフィルム付箋を、クリップにつけただけのアイデア商品です。

写真1 いろんなものにはさんで持ち運べるフィルム付箋「クリップココフセン ライトブルー S」、クリップ感覚で手軽にはさんでカットできる「マスキングテープカッター カルカット クリップタイプ 10~15mm幅用」
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴は、繊細な紙質でできたノートの表紙や革製のブックカバーといった貼るのがためらわれるような部分にも、気軽にはさんで持ち運ぶことができます。クリップ式なので、いろんなものにはさみ替えることができるのも、飛躍的な携帯性のアップにつながっています。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。