100円ショップの文具といえば、コストパフォーマンスは抜群だけど、安っぽくって使ってみたくなるものは少ない、と思っている人もいるかもしれません。たしかに玉石混交ですが、よく探してみると、使ってみたくなるものも結構見つかります。

[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、大手100円ショップのダイソー、キャンドゥ、セリアで見つけた、押さえておきたい文具(付箋を除く)を紹介します。なお製品については、どの100円ショップで買ったものなのかも書いておきます(メーカー名がわからないものは100円ショップ名のみ記入)。気になるものがあれば、ぜひ使ってみてください。

欠点を改善するアイデアが活かされた「機能性文具」

 欠点のある文具で使いにくくても、改善されると定番商品になることもあります。たとえば、従来のボールペンは消すことができませんでしたが、フリクションボールのように消せるものが出てくると、多くの人に支持されます。

 フリクションボールとまではいかなくとも、100円ショップにもこんな文具は見つかります。

 お薦めなのは、「三角 スティックのり 固形タイプ」(ダイソー)です。その名のとおり三角すいの形をしているため、机の上に寝かせて置いても転がらず、紙の角や細かい部分が塗りやすくなっています。

 従来の円すい形のスティックのりの欠点が改善されているため、修正テープよりこの商品を使いたい人はいるのではないでしょうか。2本で108円という値段も、圧倒的なコスパの良さです。

写真1 机の上に寝かせても転がらず、角や細かい部分ののりづけもしやすい「三角 スティックのり 固形タイプ」、小さな文具、細かい文具の収納も可能な「デスクラボ プチポケット」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。