米SiriusDecisionsは2017年11月16日、シンガポールで「SiriusDecisions 2017 Summit APAC」を開催した。アジアパシフィックでは初めてとなる「Summit」に参加したシンフォニーマーケティングの庭山一郎氏が、連載「科学と感性のBtoBマーケティング」の特別編として、現地の様子をリポートする。


 2017年11月にシンガポールで開催されたSiriusDecisions(シリウスディシジョンズ)のイベント「Summit」に参加してきましたので、それをレポートしようと思います。

 レポートの前に、シンガポールとSiriusDecisionsについて簡単にまとめましたので、気になる方は本稿の末尾の囲み記事を先にご覧ください。

会場のセントレジスホテル
[画像のクリックで拡大表示]

 SiriusDecisionsが主催する「Summit」は、欧州では毎年ロンドンで開催され、アジアパシフィックでは、今年が初めての開催となりました。

 会場はシンガポールを代表する繁華街、オーチャードストリートの外れに在るセントレジスホテルでした。

 第1回APAC SUMMITは、SiriusDecisionsのPresident and Chief Product Officerであるトニー・ジャロス氏のウェルカムスピーチで開幕しました。

APAC SUMMITのスクリーン
[画像のクリックで拡大表示]
トニー・ジャロス氏のウェルカムスピーチ
[画像のクリックで拡大表示]

 その内容は、米国と同じスタンダードなセッションと、APACという土地柄を意識した「本社とリージョン(現地法人)の関係」、そしてダイヤモンドとゴールドの2社のスポンサーのケーススタディという構成でした。

会場内マーケットプレイス-1
[画像のクリックで拡大表示]
会場内マーケットプレイス-2
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。