富士通エフ・アイ・ピーの「FUJITSU Security Solutionセキュアストレージ」は、インターネットから受信した文書ファイルを基幹系ネットワークに安全に取り込むための中継サーバーソフト。Webアプリケーションとして動作し、情報漏洩対策を目的に2つに分離したネットワーク間で安全にファイルをやり取りするための機能を提供する。

FUJITSU Security Solutionセキュアストレージの概要
(出所:富士通エフ・アイ・ピー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ファイルを中継する際に、ファイルを無害化することもできる。ファイルをPDFに変換して無害化する方法と、Office文書(Word、Excel、PowerPoint)からマクロを除去して無害化する方法がある。マクロ除去の場合、PDF変換よりも原本に近い形でファイルを取り込める。ファイル形式が変わらないため、取り込んだ後も、Officeソフトを使って直接編集できる。

 1台の端末で基幹系とインターネット接続系の2つのLANを切り替えて利用しているケースを想定した機能として、接続元のLANごとにセキュアストレージの利用画面を切り替えることもできる。画面から、基幹系とインターネット接続系のどちらのLANからシステムを利用しているかが分かる。

FUJITSU Security Solutionセキュアストレージの概要
用途と機能インターネットから受信した文書ファイルを基幹系ネットワークに安全に取り込むための中継サーバーソフト
アーキテクチャーWebアプリケーション
付加価値ファイルを中継する際にファイルを無害化できる
無害化方法■ファイルをPDFに変換して無害化する
■Office文書(Word、Excel、PowerPoint)からマクロを除去して無害化する
価格(税別)初期費用が80万円から、年額16万円から
発表日2017年9月20日
提供開始日2017年9月20日