NTTコミュニケーションズ(NTTコム)の「Machine Cloud」は、工場の産業設備などからセンサーデータを取得してクラウドに集約し、稼働状況などを可視化・管理できるようにするサービスである。機器管理アプリケーションをクラウドサービスとして提供するとともに、モバイルデータ通信サービスやIoTゲートウエイ装置などもワンストップで提供する。

Machine Cloudの概要
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 IoT機器の管理に必要なアプリケーションを、NTTコムのデータセンターの閉域網を利用してクラウドサービスとして提供する。管理機能として、稼働状況の把握、センサーデータがしきい値を超えたかどうかによる異常の検出と通知、機器の保守点検情報の管理、などが可能。外部システムからクラウド上のデータを活用するためのデータ連携APIも公開する。

 IoTデバイスからのデータ収集手段として、NTTコムのデータセンターにVPN接続できるモバイル通信サービス「Arcstar Universal Oneモバイル」をワンストップで提供する。必要に応じて、IoTデバイスのセンサーデータを集約してクラウドに転送するIoTゲートウエイ装置「MMLink-3G」(安川情報システム)もワンストップで提供する。

Machine Cloudの概要
用途と機能工場の産業設備などからセンサーデータを取得してクラウドに集約し、稼働状況などを可視化・管理できるようにするサービス
サービスの概要機器管理アプリケーションをクラウドサービスとして提供するとともに、モバイルデータ通信サービスやIoTゲートウエイ装置などもワンストップで提供する
提供形態IoT機器の管理に必要なアプリケーションを、NTTコムのデータセンターの閉域網を利用してクラウドサービスとして提供する
IoT機器の管理機能■稼働状況の把握
■センサーデータがしきい値を超えたかどうかによる異常の検出と通知
■機器の保守点検情報の管理
など。外部システムからクラウド上のデータを活用するためのデータ連携APIも公開
IoTデバイスからのデータ収集手段NTTコムのデータセンターにVPN接続できるモバイル通信サービス「Arcstar Universal Oneモバイル」をワンストップで提供。必要に応じて、IoTデバイスのセンサーデータを集約してクラウドに転送するIoTゲートウエイ装置「MMLink-3G」(安川情報システム)も提供する
価格(税別)■初期費用が25万円
■月額基本料金が50Gバイトのストレージ容量を含んで25万円
このほかに、IoTデバイスの台数に応じたID利用料がかかる
■ID利用料は、1~1000台の場合に1台当たり500円、1万台以上で1台当たり300円など
■ストレージの追加は、50Gバイト当たり1万円
別途、モバイル通信サービス料金やIoTゲートウエイ装置の費用が必要
発表日2016年8月29日
提供開始日2016年8月29日