カスペルスキーの「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Light Agent Service Pack1」は、企業の仮想マシン環境を守るウイルス対策ソフトである。サーバー仮想化ソフト(ハイパーバイザー)のVMware vSphereまたはHyper-Vの環境で利用できる。

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Light Agent Service Pack1の概要
(出所:カスペルスキー)
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴は、ウイルス対策エンジンを専用の仮想マシン「SVM」として実装しており、個々の仮想マシン上に導入する軽量エージェント「Light Agent」と連携して動作するアーキテクチャを採用したこと。パターンファイルの更新はSVMにのみ行われる。

 保護対象となる仮想マシンのOSはWindowsで、Light Agentはシステム資源の消費を最小限に抑えているとしている。あらかじめWindows仮想マシンのテンプレートにLight Agentを組み込んでおく必要があるが、プロビジョニングによって仮想マシンが追加配備された場合は、瞬時にSVMに自動接続されて保護の対象になる。

 カスペルスキーはこれまでも、仮想マシン環境向けのウイルス対策ソフトとして「Kaspersky Security for Virtualization Agentless」を販売してきた。同ソフトは「VMware vShield」の仕組みを使ってエージェントレスで個々の仮想マシンを防御するソフトである。これに対して今回の製品は、軽量エージェントを仮想マシンにインストールする必要があるが、通常のエンドポイント用のウイルス対策ソフトと同様の、より高度な機能群を利用できる。

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Light Agentの概要
用途と機能企業の仮想マシン環境を守るウイルス対策ソフト
動作環境VMware vSphere
Hyper-V(2016年11月以降)
アーキテクチャウイルス対策エンジンを専用の仮想マシン「SVM」として実装。個々の仮想マシン上に導入する軽量エージェント「Light Agent」と連携して動作する
保護対象となる仮想マシンのOSWindows
運用上の工夫と制約あらかじめWindows仮想マシンのテンプレートにLight Agentを組み込んでおけば、プロビジョニングによって仮想マシンが追加配備された場合に、瞬時にSVMに自動接続されて保護の対象になる
価格(税別)最小構成となる1CPU当たり16万円から
発表日2016年8月24日
出荷日2016年8月24日