アイレットの「migrationpack for ファイルサーバー」は、Windows ServerベースのファイルサーバーをAmazon Web Services(AWS)上に構築するサービスである。オンプレミスで運営してきたファイルサーバーの使い勝手を変えずにクラウドに移行できる。

migrationpack for ファイルサーバーの基本構成
(出所:アイレット)
[画像のクリックで拡大表示]

 AWS上に構築したファイルサーバーを監視・運用するサービスもあわせて提供。これにより、監視・運用の負担を減らせる。サーバーの監視項目は、サーバーのリソース監視と死活監視、ファイルアクセスプロトコルCIFSのポート監視、ディスク容量の監視、である。

 ファイルサーバーは、仮想プライベートクラウドのAmazon VPC上に構築。ユーザー企業のネットワークと専用線で接続する。ネットワーク遅延が少ないため、WAN越えでもファイルサーバーを快適に使えるとしている。Windows Updateのためのインターネット接続機能も提供する。

migrationpack for ファイルサーバーの概要
用途と機能Windows ServerベースのファイルサーバーをAmazon Web Services(AWS)上に構築するサービス。オンプレミスで運営してきたファイルサーバーの使い勝手を変えずにクラウドに移行できる
運用監視サービスAWS上に構築したファイルサーバーを監視・運用するサービスもあわせて提供する
サーバーの監視項目サーバーのリソース監視と死活監視
ファイルアクセスプロトコルCIFSのポート監視
ディスク容量の監視
AWS環境ファイルサーバーは、仮想プライベートクラウドのAmazon VPC上に構築。ユーザー企業のネットワークと専用線で接続する。Windows Updateのためのインターネット接続機能も提供する
価格
(税別)
基本構成の初期構築費用が、一式15万円。カスタマイズを希望する場合は、別途見積もり。運用費用は、ファイルサーバー1台あたり月額3万円で、別途、AWSの利用料金が必要になる
発表日2019年4月24日
提供開始日2019年4月24日