マイクロストラテジー・ジャパンの「MicroStrategy 2019」は、用途の広さをアピールするBI(ビジネス・インテリジェンス)ソフトである。売上分析から需要や在庫の予測まで広くカバーする。データ分析の専門家、経営者、現場の業務担当者など、それぞれの立場に向けた分析機能やレポート機能を提供する。

任意のWeb画面において、会社名や製品名などの文字にマウスオーバーするだけで、クリックすることなく関連情報をカード型のポップアップで表示できる
(出所:マイクロストラテジー・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 「HyperIntelligence」と呼ぶ情報閲覧機能を備える。BIソフトのWeb画面やSalesforce.comなどのWebアプリケーション画面において、会社名や製品名などの文字にマウスオーバーするだけで、マウスのクリック操作を必要とせずに関連情報をカード型のポップアップで表示する。HyperIntelligence機能は、Webブラウザー(Chrome)のプラグインとして実装している。

 HyperIntelligence機能を使うためには、事前準備として関連情報となるカード情報を定義しておく必要がある。カードに表示するデータベースの項目を選んで登録できる。登録すると該当の文字(製品名など)がWeb画面に含まれていた場合に、該当する文字にアンダーラインを引いて教えてくれる。ここでマウスカーソルを文字に合わせれば、カード情報がポップアップする。

 今後強化を予定している機能として、音声認識機能を用いて音声で問い合わせられる「HyperVoice」機能や、画像認識機能を用いて社員や製品パッケージなどを認識し、認識結果に応じた情報を表示する「HyperVision」機能を追加する。

MicroStrategy 2019の概要
用途と機能用途の広さをアピールするBI(ビジネス・インテリジェンス)ソフト。売上分析から需要や在庫の予測まで広くカバーする。データ分析の専門家、経営者、現場の業務担当者など、それぞれの立場に向けた分析機能やレポート機能を提供する
特徴的な
機能
HyperIntelligenceと呼ぶ情報閲覧機能を備える。任意のWeb画面において、会社名や製品名などの文字にマウスオーバーするだけで、マウスのクリック操作を必要とせずに関連情報をカード型のポップアップで表示する。Webブラウザー(Chrome)のプラグインとして実装している
今後強化を予定している機能音声認識機能を用いて音声で問い合わせられる「HyperVoice」機能
画像認識機能を用いて社員や製品パッケージなどを認識し、認識結果に応じた情報を表示する「HyperVision」機能
など
価格
(税別)
■ユーザーライセンスの場合、買い取りで、1ユーザー当たり700ドルから(ボリューム割引あり)
■CPUコアライセンスの場合、1コア当たり3万5000ドル
発表日2019年3月22日
提供開始日2019年2月