日立製作所の「JP1 for IoT」は、工場などのIoTシステムを対象とした運用管理ソフトである。企業向けの運用管理ソフト「JP1」の技術やノウハウを、IoTシステムの運用管理に生かしたとしている。第1弾として、IoT機器のセキュリティ対策状況などを管理するソフト「JP1 for IoT - デバイス管理」を用意した。

IoT機器の状況を可視化する
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 JP1 for IoT - デバイス管理では、IoT機器のセキュリティ対策の状況や、IoT機器の接続状態を可視化できる。遠隔からパッチを一括で更新する機能や、機器を廃棄する際に設定を消去する機能などを備える。不具合が発生した際に警告を通知する機能や、内蔵電池などの消耗部品の残量を通知する機能も提供する。

 日立製作所が挙げる適用例の1つは、工場やビルなどのセキュリティ対策である。制御用PCやIoT機器を狙ったサイバー攻撃のリスクに対処する。JP1 for IoT - デバイス管理を使ってIoT機器の状態を遠隔監視することで、継続的にセキュリティ対策の状態や稼働状況を把握できる。設定も一括で更新できる。

 もう1つの適用例は、地域の見守りサービスといった、IoTを活用した広域なデジタルサービス事業である。地域別や機種別などのグループ単位でIoT機器の全体像を把握したり、地図上にIoT機器をマッピングしたりできる。保守員の配備計画などに活用できる。

 既存の製品も「JP1 for IoT」ブランドで販売する。例えば、「JP1 for IoT - NX UsbMonitor」は、工場設備へのUSB接続を監視するアプライアンスである。「JP1 for IoT - NX NetMonitor」は、工場設備へのネットワークを介した不正接続を監視するアプライアンスである。

JP1 for IoTの概要
用途と
機能
工場などのIoTシステムを対象とした運用管理ソフト。企業向けの運用管理ソフト「JP1」の技術やノウハウを、IoTシステムの運用管理に生かした
第一弾
製品
IoT機器のセキュリティ対策状況などを管理するソフト「JP1 for IoT - デバイス管理」
主な
適用例
工場やビルなどのセキュリティ対策。制御用PCやIoT機器を狙ったサイバー攻撃のリスクに対処する。JP1 for IoT - デバイス管理を使ってIoT機器の状態を遠隔監視することで、継続的にセキュリティ対策の状態や稼働状況を把握できる。設定も一括で更新できる
製品名 JP1 for IoT - デバイス管理JP1 for IoT - NX UsbMonitorJP1 for IoT - NX NetMonitor
製品の
概要
IoTデバイスの全体状況を可視化
設置時の初期設定/認証
ソフトウエア更新
稼働状態の監視と通知
廃棄・交換時の設定消去
など
未登録USBメモリの接続検知と、接続排除、ログ取得など未登録端末の不正接続検知と、ネットワークからの排除、ログ取得など
価格
(税別)
月額16万円から55万円から190万円から
発表日2019年3月13日
提供
開始日
2019年3月29日2019年5月31日