サイバーソリューションズの「CyberMail(サイバーメール)」は、メールサーバーの運営に必要な機能群を一通りそろえたメールサーバーソフトである。メールの中継(送受信)、受信したメールの保管、受信済みメールをリモートから取得して閲覧するPOP3/IMAP4とWebメール、などの機能を備える。

メールサーバーソフトのCyberMailにチャット機能のCYBERCHATを追加した。メールのアドレス帳をチャットの送信先に指定してメッセージを送信できるほか、メールの受信をチャットで通知したりできる
(出所:サイバーソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 オプションでチャット機能「CYBERCHAT(サイバーチャット)」を利用できる。特徴は、メールのアドレス帳をチャットの送信先に指定してメッセージを送信できること。メールのメッセージをドラッグ&ドロップしてチャットで送信するといったこともできる。

 メールを受信したことをチャットで通知する使い方もできる。また、別途メールアーカイブソフト「MailBase」を用意すれば、メールのアーカイブだけでなくチャットの内容をアーカイブできる。

 オプションで、ウイルス対策機能も用意した。添付ファイルにマルウエアが含まれているかどうかを調べられる。メールサーバー上のウイルス対策エンジンに加えて、クラウド上のサンドボックスも利用する。サンドボックス上での振る舞いの分析にはディープラーニング(深層学習)を利用するとしている。

CyberMailの概要
用途と機能メールサーバーの運営に必要な機能群を一通りそろえたメールサーバーソフト
主な具体的な機能メールの中継(送受信)
受信したメールを保管するメールボックス
受信済みメールをリモートから取得して閲覧するPOP3/IMAP4とWebメール
など
ウイルス対策機能オプションでウイルス対策機能を用意した。添付ファイルにマルウエアが含まれているかどうかを調べられる。メールサーバー上のウイルス対策エンジンに加え、クラウド上のサンドボックスも利用する。サンドボックス上での振る舞いの分析にはディープラーニング(深層学習)を利用する
チャット機能オプションでチャット機能「CYBERCHAT(サイバーチャット)」を利用できる
チャット機能の特徴メールのアドレス帳をチャットの送信先に指定してメッセージを送信できる。メールのメッセージをドラッグ&ドロップしてチャットで送信することも可能。メールを受信したことをチャットで通知する使い方もできる
価格(税別)■基本料金は、100ユーザーの最小構成で、95万円
■ウィルス対策機能は、100ユーザーの最小構成で、標準機能が年額18万円、サンドボックスが年額27万円
■チャット機能のCYBERCHATは、初期登録料が5万円で、利用料金が1ユーザー当たり月額200円
発表日2019年3月11日(チャット機能「CYBERCHAT」の追加)
提供開始日2019年3月11日(チャット機能「CYBERCHAT」の追加)