クライムの「StarWind Virtual SAN for vSphere」は、VMware vSphere環境で使えるストレージ仮想化ソフトである。VMware vSphere上で仮想アプライアンスとして動作する。複数のノード(VMware vSphere環境)が内蔵するストレージを束ねて、外付けの共有ストレージとして利用できる。

サーバー内蔵ストレージを束ねて共有ストレージを構成できる
(出所:クライム)
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴の1つは、可用性を高めたストレージプールを構築できること。1つのデータを複数のノードに複製(コピー)して持たせるミラーリングの使い方ができる。ストレージとキャッシュを、指定した数のノードに複製できる。特定のVM(仮想マシン)やLUN(ボリューム)について、複製をいくつ保持するかなどを設定できる。シンプルな使い方の例として、2ノードで互いの内蔵ストレージを複製したHA構成がある。

 もう1つの特徴は、データをできるだけローカルストレージに置くことによって、アクセスを高速化していることだ。さらに、メモリーやフラッシュメモリーをライト(書き込み)キャッシュとして使うことで書き込みを高速化できる。ILM(階層型ストレージ管理)機能も備える。

 複数のストレージアクセスプロトコルを搭載。ファイルアクセスのNFSとSMB、ブロックストレージのiSCSI、iSER、NVMe over Fabrics、などを利用できる。オプションによって、仮想テープライブラリ(VTL)としても利用できる。

 ノード数の制約によって3種類の製品を用意した。「SMB & ROBOエディション」は2ノード専用、「ESSENTIALSエディション」は3ノード専用である。「ENTERPRISEエディション」にはノード数の制限はない。容量については、いずれのエディションも無制限。近日中に、データを削減する機能として、インライン重複排除と圧縮も使えるようにする予定だ。

StarWind Virtual SAN for vSphereの概要
用途と機能VMware vSphere環境で使えるストレージ仮想化ソフト。複数のノード(VMware vSphere環境)が内蔵するストレージを束ねて外付けの共有ストレージとして利用できる
動作環境VMware vSphere上で仮想アプライアンスとして動作する
データの可用性1つのデータを複数のノードに複製(コピー)して持たせるミラーリングの使い方ができる。ストレージとキャッシュを、指定した数のノードに複製できる。特定のVM(仮想マシン)やLUN(ボリューム)について、複製をいくつ保持するかなどを設定できる。シンプルな使い方の例として、2ノードで互いの内蔵ストレージを複製したHA構成がとれる
データへの高速アクセスデータをできるだけローカルストレージに置くことによって、アクセスを高速化している。さらに、メモリーやフラッシュメモリーをライト(書き込み)キャッシュとして使って、書き込みを高速化できる。ILM(階層型ストレージ管理)機能も備える
ストレージアクセスプロトコルファイルアクセスのNFSとSMB、ブロックストレージのiSCSI、iSER、NVMe over Fabrics、などを利用できる。オプションで仮想テープライブラリ(VTL)としても利用できる
データ容量無制限。データを削減する機能として、近日中にインライン重複排除と圧縮を使えるようにする
製品構成■SMB & ROBOエディションは、2ノード専用
■ESSENTIALSエディションは、3ノード専用
■ENTERPRISEエディションは、ノード数の制限はなく、1ノードからノード数無制限まで利用できる
価格(税別)市場想定価格は、ノード数に制限がない「ENTERPRISEエディション」の場合に、1ノードあたり50万円
発表日2019年1月17日
提供開始日2019年1月17日
備考発表日/提供開始日と価格は、販売代理店のクライムのもの